tomTokyo

2020 TOMメイカソン TOKYO

その困難を創造力に

[チームビルディング]
開催日:2020年4月5日 (日)
会 場:品川産業交流支援施設 SHIP

[本イベント]
開催日:2020年5月1日 (金),2日 (土),3日 (日)
会 場:東京工科大学 蒲田キャンパス

参加費:9,000円 (一般・1+3日間通し,軽食・フリードリンク付き)
    3,000円 (学生ボランティア枠・1+3日間通し,軽食・フリードリンク付き)
募集枠:70名 (8~10チーム:障害当事者含む)

主 催:2020 TOMメイカソン TOKYO 実行委員会
共 催:一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会/ファブラボ品川/
    慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ
後 援:品川区/一般社団法人 東京都作業療法士会
協 賛:ユニチカ株式会社/ソシオネット株式会社

まもなく
こちらで
参加者募集を
スタート!

2020 TOMメイカソンTOKYOのページへようこそ

メイカソン(makeathon)は「メイク(make)」と「マラソン(marathon)」を掛け合わせた造語で,短期間にものづくりをするイベントです.

私たちのメイカソンは,障害をもつ人やその支援者を「ニードノウア(Need Knower・ニーズを知る人)」と呼び,そのニードノウアをチームメンバーに迎え,3Dプリンタなどのデジタル工作機械も活用し,その人が本当に欲しい道具作りに挑みます.

3Dプリンタなどのデジタル工作機械を使うことで,データが使える道具になり,道具のかたちをデータとして保存し,伝えることができます.

TOMはイスラエルの非営利団体で,同じコンセプトの取り組みを世界に広げ,つなげるプラットフォームを2014年から構築しています.私たちのメイカソンで作った道具は,似通った困難を抱える世界中の人たちも使えるよう,データと物語をそのプラットフォームで公開します.(下記の緑のボタンをクリックしてご覧ください.)

そのことで誰かの「できる」を増やす「道具」をみんなで作るイベントです.

世界中のよりよい明日のために,ご参加とご協力を宜しくお願い致します!

2019年10月26日から2020年2月20日までの期間で、朝日新聞社のクラウドファンディングサイト、A-portでプロジェクトがスタートしました。
ご寄付については1口1,000円 x 口数分でお申し込みいただく形です。
また、企業や団体様などにお伺いしてメイカソンを開催するリターンなど、独自の試みもご用意いたしました。みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

−直接ご支援いただける場合はこちらへお願いいたします−

金融機関・店舗:
城南信用金庫 営業部本店
預金種目:
普通
口座番号:
862694
名義:
2020TOMメイカソンTOKYO実行委員会委員長林園子
ニーゼロニーゼロテイーオーエムメイカソントーキョージッコウイインカイイインチョウハヤシソノコ
※なお、ご入金後のキャンセルは受け付けられませんので、予めご了承ください
出来ましたらご入金後、contact@makeathon.tokyo にご一報ください

2020 TOMメイカソンTOKYO は SDGs を推進します

SDGsについては下のロゴをクリックしてください

SDGsのロゴマーク 世界中の誰一人取り残さないーNo one will be left behind

すべての人に健康と福祉を

インフラや金銭面で,個別性に合わせた道具を手に入れることが難しかった人々も,道具を手に入れて自分らしい暮らしをおくれる可能性が広がります.

産業と技術革新の基盤をつくろう

ケアに役立つ道具の3Dデータ化と共有プラットフォームの構築は,今後の「工学×ケア」の産業基盤構築につながります.

人や国の不平等をなくそう

インターネットとデジタル工作機械があれば,安価でアイディアの詰まった,活き活きくらすための道具を国や人種の区別なく手に入れられます.

つくる責任・つかう責任

つかう人とつくる人の距離が縮まるばかりか,ときにつかう人がつくる人になる取り組みです.つかう人に近い人がつくることにより,自分ごととして責任感が高まります.

平和と公正をすべての人に

争いや災害で障害を負い,道具が必要な場合でも,流通などのインフラが十分でないことがあります.データの共同製作と共有は,社会に平和と公正をもたらすマインドを育みます.

WE WORK HARD TO DELIVER A HIGH QUALITY SERVICE.
OUR AIM IS YOUR COMPLETE SATISFACTION.

私たちについて

2020 TOMメイカソンTOKYO は実行委員会が主催する形で実施します.
実行委員会構成組織およびメンバー:
・一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
・ファブラボ品川
・慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ

林 園子(はやし そのこ)

2020 TOMメイカソンTOKYO 実行委員長

作業療法士
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 代表理事
ファブラボ品川ディレクター

濱中 直樹(はまなか なおき)

2020 TOMメイカソンTOKYO 副実行委員長

アーキテクト/ファブリケイター
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 理事
ファブラボ品川 ファウンダー
合同会社ハマナカデザインスタジオ 代表社員
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

山下 聖(やました さとる)

2020 TOMメイカソンTOKYO 会計

アントレプレナー
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 理事/事務局
ソシオネット株式会社 代表取締役

杉本 将輝(すぎもと まさき)

2020 TOMメイカソンTOKYO 監事

一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 理事
一般社団法人モノづくり×プログラミング for Shinagawa 代表理事

原 亮(はら りょう)

プロフェッショナル・コネクター
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 理事
エイチタス株式会社 代表取締役
みやぎモバイルビジネス研究会 会長
GLobal Lab SENDAI 代表幹事
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター 理事

上原 亮介(かんばら りょうすけ)

認定作業療法士
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 理事
山王リハビリ・クリニック 第2リハビリテーション部門 部門長

伊藤 公一(いとう こういち)

作業療法士
東京工科大学

伊藤 彰(いとう あきら)

作業療法士
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 東北支部長

魚谷 和正(うおや かずまさ)

理学療法士
一般社団法人 ICT リハビリテーション研究会 東海支部長

鶴丸 高史(つるまる たかし)

社会福祉法人もくば会 グループG利用者

2020 TOMメイカソンTOKYO 実行委員会


Send Us A Message:

contact@makeathon.tokyo

TOM:TOKYO ロゴマーク

We Are Social

© Copyrights Onassis. All Rights Reserved

Created with Onassis template by TemplateMag